RSI

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

RSIはオシレーター系の逆張り指標です。

オシレーターって何?

オシレーターというのは、買われ過ぎ、売られ過ぎの状態を数字に変換したものです。

上のゾーンに行けばそれは買われすぎということになり、売りをするといいよ、というシグナルになり、下のゾーンに入れば売られ過ぎ傾向なので買いをするといいよというシグナルになります。

ですが、他の多くの指標と同じでこれだけを信じると予想が外れる事も多いので、別の指標も重ねて参考にした方がいいです。

※他の有力なオシレーター系指標としては、ストキャスティクスがあります。

FXの2大法則

高くなり過ぎたから、RSIが80%以上になってる!と驚いてポジションを持ってしまいそうになりますが、そういう場合でも、FXの2大法則を思い出して下さい。

FXの2大法則は

為替の動きは繰り返される
為替はトレンドに沿って動く
この2つです。

ですので、突っ切っていくトレンドがある時は、RSIが上限付近に張り付いたまま(→この状態はRSIだけで考えれば最強の売りサインを出しっぱなしになっていることになります)で、上なり下なりへずっと進んでいきます。

上値でも下値でも突っ切られるとRSIは壊れた指標になり、何の役にも立たなくなります

オシレーター系の指標が役に立つのはボックス相場など、ある程度の幅で動いている状態です。上記のようにめちゃくちゃな勢いがある上昇や、激しい下落ではイカれたサインを出すだけになります。

RSIが8割以上になったらそれは買われすぎているから売ろうっていう風に考えるよりも、むしろRSIが相場の荒れっぷりを示しているから、新しくエントリーするのはちょっとリスクがありそうだな…位に思われるのがいいです。

ですが、もしあなたがこれは激しい上昇だと確信が持てるなら、RSIの事なんて無視して(だってRSIはめちゃくちゃな勢いがある上昇や、激しい下落ではイカれたサインを出すだけだからです)買った方が良いという事になります。

RSIとは?その仕組みについて

RSIとは上昇と下降の2つを対比させた指標です。

RSIが50%以上になっていればその期間の値上がり幅が値下がり幅よりも大きかったという事がわかります。

FXで勝つにはRSIをこう考えよう

RSIが8割を超えたら買われすぎの状態を指します。

でもFXは激しくトレンドに引っ張られるので、RSI8割超えでも売りから入るのは危険…かといって上昇はいつまで続くかもわからないので、ポジションを持つのも危険という事になります。RSIが激しく振れた場合、静観が一番いい方法です。

20%以下は売られすぎ、という事になります。この場合も激しく振れた場合にあたりますので静観するのがセオリーです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ